そして偶然にも

 そして偶然にも篠塚は好みに合う『あき』と名乗る女を見つけ、その娘が勤める店の前で暫く話し込んでいた。別に篠塚の行動を非難する気は無い、俺にも似たような体験は有るからだ。

 男としての気持ち、つまり女に振られて寂しく思う気持ちを考えると、彼の行動は当然だった。俺は篠塚が選んだ店に一緒に入る事に決めた。篠塚を励ます、そんな意味も有った。

 その店は世間一般的に言うスナックの形式を取っていた。店内に入るとまず左側にトイレがあり、その奥側に模造品の木が置いてあった。その反対側、つまり右手の方に、壁に沿ってカウンターが伸びていた。そのカウンターは奥の壁にぶつかる手前で大きく左にカーブしてJの字を反対にしたような作りだった。

 壁には大きなモニター画面がはめ込んであり、それにカラオケ用の歌詞が映し出されるような細工がしてあった。その店にいた女性は、女の子たちを管理するママさん。篠塚が選んだ女、あき。それから、のちに俺が付き合いだした女、知恵。の三人だ。

 その時が俺と知恵との始めての出会いだった。良く考えれば、篠塚の彼女を捜しに行ったのに、自分の彼女を作ってしまった事になる。何か運命的な出会いを感じさせたが、人間どこに自分の相手をしてくれる人物がいるのか分からない。さらに言うなら、人生どうなるのか解らない、その知恵に振られたからだ…最近の俺が晩飯を取る

スイーツ写真の鑑賞

ホットケーキ もみじまんじゅう トロピカルジュース モーニングジャム
ストロベリーケーキ イチゴとブルベリー・オン・クッキー ロールケーキ バースディ・ケーキ

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Who-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章を勝手に盗用しては嫌です

どの様にスイーツを選ぶか