香港・マカオの添乗

昨年GWと年末年始、香港ツアーを企画し香港・ホテル予約でランガムプレイスに2泊、MGMグランド・マカオに1泊の3泊4日の香港・格安・ツアーではなく、豪華な香港・マカオツアーに添乗員として同行してきました。

香港での観光は、九龍半島・観光は黄大仙、オープントップバス、香港島・観光はレパルスベイやスタンレーマーケット、そしてビクトリアピークなどをまわりました。

マカオ・観光はマカオ博物館、世界遺産の街並み見学、そしてマカオ・カジノ体験をしました。これらは一般的なツアーと同じですが、このツアーのセールスポイントは香港・グルメでした。

初日の夜から、橋底辣蟹という香港でも話題の蟹料理、2日目は福臨門酒家、3日目はマカオのミリタリークラブ、4日目の帰国前の昼食ではあわび料理で有名な王子飯店という豪華ラインアップです。ホテルも好評、食事も好評で良いツアーだったと思います。この時は、添乗員の私も同じテーブルにつけてくれてお客さんと同じ食事を食べる事が出来ました。さすがに役得だと思いました。

スイーツ写真の鑑賞

ホットケーキ もみじまんじゅう トロピカルジュース モーニングジャム
ストロベリーケーキ イチゴとブルベリー・オン・クッキー ロールケーキ バースディ・ケーキ

 不思議そうな顔をしている私に気がついたのか、「これはリサイクル。何処のお店の女も、服はそんなに長くは着れないでしょ。だから専門の業者が居て、そこに売るの。そしてそれを誰かが安く買うの。顔は見えないけどお互いに、持ちつ持たれつよ。分かった」

 そうか、そんな仕組みが有ったのか。そうだよな、そうでなければ彼女達は、直ぐに破産してしまう。妙に感心してしまった。「これなんかだと、1万5千円。その時に売ったのが、結構良い値を付けてくれて、1万2千円。差し引き今回は3千円の出費。まぁ、何時もそんな風に安く済むわけではないけどね」

 「だがそれでも結構掛かるだろ。月に幾らぐらい掛かっているの」「そうねぇ。6,7万かな」おかしい。どう考えてもそんな金額で済んでいないはずだ。「でもあきは週に2回は、新しい服を着てくるだろ。そんな金額で済んでいないはず、と思うんだけど」

 「馬鹿ねぇ、冨雄。そんなに買うわけ無いでしょ。月に2着ぐらい。その服を組合す事でバリエーションが出るでしょ」そうか、そうだよな。そうでなければ彼女はすごく金が必要になる。「最初の頃はそんな事に気がついていなくて、かなり無駄にしたけどね」

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Who-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章を勝手に盗用しては嫌です

どの様にスイーツを選ぶか